LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2017/09 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

NEWEST /    BACK >

I need your help!

突然ですが最近父親になりました。

どこの親でもそうでしょうが、我が子は可愛いものです。

とはいえ月齢を重ねるごとに運動能力は右肩上がり・・・すさまじいものです。

そこで仕事部屋に導入された「しきり」。
でもひんぱんに出入りしなければならない時にはちょっと面倒くさくなります。

そんなときにお助けマンが
まさに救世主です。


| Copyright 2011,11,10, Thursday 04:56pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

少々手前味噌なお話ですが

確か2010年の1月にブログにも書いていたかとおもいますが、秋田での
初録音が10月26日に形となってリリースされることになりました。

秋田でのレコーディングも初なら「種ともこ」さんにお会いしたのもその時
が初めて。友人の菅原君に誘われて彼の家のある角館のホール併設の
公共スタジオで行われた録音。スタジオには僕一人で調整室に菅原君
と種さんという孤独な作業もその後完成した気配もなくきっとお蔵入りし
たんだろうとあきらめてました。

今年の夏に突然種さんから連絡がありCD発売のライブを手伝って欲しい
と言われ初めて一枚のアルバムとなってこの世に送り出されることを知り
ました。

先日発売を間近に控えたCDが資料と共に一足早く届き約二年前の音
はどうなっているのだろう?と恐る恐る聴いてみました。

そしたらなんとまぁ素晴らしいアルバムになっているではありませんか!
なんだか自分の演奏もかっこよく聞こえてくるから嬉しいじゃありませんか!
やった~!です。

やはり種さんは天才でした。

自分が参加しているからってわけではありませんが、これは買い!です。
お勧めは11月25日に「晴れまめ」で行われるライブに来てそこで新譜を購入
ってやつです。

ジャケットもなかなかイカシテテこんな感じです。



それでは会場でお会いしましょう!

| Copyright 2011,10,22, Saturday 02:55pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

美しい夕日

昨日南九州から18時過ぎのフライトで東京に戻ってきた。

たまたま座った席が窓際、そして時は夕刻。
窓から見える景色も刻一刻と変化していく。

普段から夕日はいつ見ても美しいものだなぁと思う。
そしていつも違う表情を見せて色々に僕たちの心を揺らしてくれる。

それにしても昨日の夕日は格別だった。
きっと空高く飛ぶ航空機から見たからだろう。
いやあれは本当は夕日ではなく暮れなずむ空を、茜色に輝く彼方
を見ていたんだと思う。

美しいものを見ると心が素直になるのだろうか。
最近あった悲しい出来事がその美しさに溶け込んで自然と涙が出てきた。

東京に着く頃にはそんな空もすっかり夜の装いに。
今度は大都市の街の灯りが私たちを出迎えてくれた。

| Copyright 2011,08,05, Friday 09:16pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

不買運動

ネットでのニュースで

食品メーカー「カゴメ」と「日本デルモンテ」の2社は、JA全農福島と加工用トマトの栽培契約を結び、ジュースなどの原料に使ってきました。ところが、福島第一原発の事故を受けて、これから作付けされる加工用のトマトについて、今年度は契約を見送る意向を9日までにJA全農福島に伝えたということで、全農福島では緊急に対応を協議しています。

だそうだ!

日本の消費者相手に戦線布告とみた。

安全の意味取り違えるな!
「カゴメ」と「日本デルモンテ」

さようなら!

| Copyright 2011,04,10, Sunday 07:43pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

今年もやってきました



昨夜の地震結構大きくて先日の大地震を思い出しました。
深夜にも関わらず他のお宅でもなにやらバタバタされている様子。
地震はいつきてもいやなものだなぁと、特に今はそう思ってしまいます。

それでもやってくるのです。
桜の季節は。

都心と比べ気温差のある都下は開花時期も若干遅く今週末あたりが
満開となるのではと。

それにしても先日まで硬かったつぼみがこうやって花開く様を見ていると

我々がどんなに嬉しくても、悲しくても
皆に等しく日は昇り、日は沈み
そして季節はめぐるものだと・・・
いつもそう思ってしまいます。

東京以北の桜はもう少し先でしょうか。

春よ来い!


| Copyright 2011,04,08, Friday 02:23pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

愛を読むひと

昨日に引き続き本日も映画鑑賞

「愛を読むひと」は2008年公開(日本では2009年)された映画で
これまた昨日引き続きケイト・ウィンスレットが出演した作品。
今回は主演女優として映画をグイグイ引っ張っています。

今回はテーマも少々重く見終わっての爽快感とか涙した感動の
ようなものはない作品。でもケイト・ウィンスレットはこの作品で
アカデミー主演女優賞を取ったそうでそれもうなずけるなぁと
素直に思いました。

内容に関しては鑑賞いただくのが一番の近道。

その主演のケイト・ウィンスレット。
彼女の私生活は知る由もないとしてもスクリーン上ではいつも
強い印象を与える演技をする人だなぁと。それはなんだかその
瞳に宿る魂のようなものがそう感じさせるのかも、その瞳に宿る
炎はいまにも燃え尽きてしまいそうな危うさとともに強い光を放
っていて、それが役に命を与えているのだなとそんな風に思い
ます。

今回は映画が始まり彼女の一番最初のシーンから今までとは
全く違ったキャラクターでまずそれに驚きました。きっとその役
作りに対する情熱も役の中で見せるパッションと繋がっている
のでしょう。

ウィキでも「2009年現在、33歳で6回のアカデミー賞ノミネート
は最年少記録でもある」とあります。もう既に大女優のひとり
となっているのかもしれませんが、これからも目の離せない
アクトレスのひとりと思いました。





| Copyright 2011,03,02, Wednesday 07:10pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)