LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2018/10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST /   

苦節何年?



こいつはなんたって僕の楽器たちの中でも一番の古株。

かつてはドラムセットのバスドラムに金具で固定されてカンカンと・・・
ちょっとうるさいんじゃないかとガムテープで巻かれたりしながらも耐えて
きたのであります。いや叩かれながらも多分喜びを感じていたのだろうと
思ってりもするのです。

でも彼がいつも日の当たる場所に居続けたわけではありません。

実はついこの間まで車のトランクの下にある隠しトランクのような暗い場
所で不遇の時代をすごして来たのであります。

でもそんな彼にもついに返り咲きのときがやってきました。

いやいやそんなに大それた事を想像してはいけません。

渋谷のとあるカフェで久しぶりに登場しただけなのですから。

でもそんな彼。

久しぶりにもかかわらずしっとりとカンカンではなくコンコンとその渋みを
増した美声を披露してきました。

きっとこの先も活躍の場が増えることでしょう。

ありがとうカウベル君!

| Copyright 2005,07,10, Sunday 05:10pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP /   

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)