LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2018/04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

NEWEST / < NEXT   BACK >

気が遠くなってしまって・・・すいません。

何かと言えば理由をつけて怠けてしまう私・・・2月は多分日記更新せずだったような。

さてさてそんな事を言ってないでさっさと続きを書くのです。

え〜とそうだそうだ!酸素原子の行く末とかなんとかそんな話をしてましたね。いつも思うのですがここって音楽やってる人間のウエブなんだよね。それにしちゃ全然音楽の話出てこないジャン!あはは〜音楽は語るものでなくてやるものなんですね〜。とうそぶいたところで。

今日のニュースで130億年前の銀河の撮影に成功したとか。まあ遠くにあるほど離れるスピードも速いからその先に仮にあっても光速以上で離れてれば見れないんじゃない?と素直に喜びを表現できない私。本当は心のなかですごいな〜と思ったわけです。

アメリカもイラクに攻めてみたりと色々やらかしてくれますが、ハッブル宇宙望遠鏡なんてものを打ち上げたりもするんですから少し許そうかなと。以前はその望遠鏡がかつては何もないとされたところにずっとカメラを向けて撮影したところ無数の銀河が浮き出てきて世界を驚かせたことも記憶に新しいですね。

我々人類の原型とされるホモサピエンスが地球上に出現したのが60万年前とか言われているようですが、130億年余の歴史を持つとされる宇宙様からみれば
その時間たるやもう・・・何しろ1億年の100分の1でも100万年、その半分強なんですからなんとも気が遠くなるじゃありませんか。ましてやついこの間21世紀がやってきたなんて大騒ぎしていたんだから人間ってバカじゃないのと思われてもしかたない。その上まるで人類が宇宙で唯一の知的生命体だなんてもし信じてるとしたらかなりおめでたいと思ったりするんですが。

まあ有史うんぬんかんぬんはその手の学者さんにお任せするとして。つい一万年前に一番最近の氷河期が終わってその後たった100年と言う短期間に海水面が100メートルばかり上昇したらしいのですね。それを知ったときこれは今の地球温暖化と比べてそのスケールが桁違いだなと驚いたわけです。

沖縄の海には海水面下数十メートルのところにかなりおおきな人工物と思われるものがあったりとまあ今の常識は非常識になる日もやってくるかもしれませんね。遺跡調査も適当にそれらしいものを置いておいて大変なものが出てきたなんてこと結構まかり通ったこともあったみたいで。それって日本だけではなくて人類の起源にかかわる調査をやっている人々(と言うか学界)にも色々とあるようですね(さすがに新しい骨を置いて化石発掘とは言わないでしょうが)。

権威に弱いと言うか、斬新なものは認めないと言うか。大陸移動説もその当時は相当ばかにされたらしいですしね。まあ音楽なんて数値化できない世界に身を置いているとその評価の変わることったらもう・・・いやいやまあどの世界に身を置いたとしても結局は自分の考え方で変わるのでしょうから「自分だろ!自分」と叱咤激励するわけです。でもその姿って電車の中で独り言してるおじさんみたいで少し悲しげ?

それでですね〜その酸素にまつわる本の中でひときわ引き込まれた場所があってそれを言いたいばかりにこんなに前置きが長くなってしまったのです。

ああ〜でもこれを読んでくださってる皆さんももううんざりでしょう?こんな愚痴みたいな話聞かされて。本当にすいません。

だからこの話はまた次回にしますね。全然「だから」じゃないですね。理由にも何にもなってません。まあここはそんなに怒らないで。今度はちゃんと完結させます。お約束なのです。

ではまた近々ということで。サバラ!

| Copyright 2004,03,10, Wednesday 08:13pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://www.pro-picasso.com/diamonds/blog/tb.php/18

トラックバック

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)