LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2018/07 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST / < NEXT   BACK >

やすらかなる国ー2

そのころは海外に出ることもそれほど多くはなく、そんな僕にとってタイと言う異国では見る物全てがエキゾチック。とてもじっとなんかしてられませんでした。

多分それは入国したその夜だったはず。現地のスタッフに教えてもらったかなにかで今日のようにムシムシする街中にバンドメンバー達とぞろぞろ繰り出していったわけです。

それにしてもこんな夜なのにやたら車やらトゥクトゥク(三輪車のタクシー)が多いこと。つうことは排気ガスだらけでしかも凄い騒音。そんな中を10分も歩いたのでしょうかいわゆる屋台ってやつですね。メインストリートを少しはずれた道路ぞいにあるその屋台で訳も分からず注文をして(か或いはタイに何回か来たことがあるメンバーがいたのかも)ろくに明かりもない中それらをシンハー(タイのビール これが旨い!)と共に胃袋に流し込みにかかったのである。味がどうだったかって?いやもう全然覚えてません。ただただウキウキして違う国でこんな風に屋台で飲んでる気分に酔ってました。勿論酒にも酔ってましたが。

そんな中場所が場所だけに覚悟はしていた私ではあったのですが、やたらと蚊が多い。所々に置いてある蚊取り線香なんて焼け石に水。パクパク、ゴックン、ボリボリそんな感じでしょうか。いや時々パッチンなんて音も聞こえました。そこは一応熱帯に位置するわけで一瞬マラリアなんてことも脳裏をかすめはしたものの、こんな都会にマラリアもなかろうと勝手な理屈で即忘却の彼方に押しやったのでした。こんな夜は楽しむに限るからね。

ひとしきり飲み食いしてさあホテルに帰るかってことで屋台を後にしてだらだら歩き出したのは夜もだいぶ更けた頃。でも車の多さは相変わらず。日本を始めとする
所謂先進国と呼ばれている地域では基本的には歩行者優先って事になってるでしょう?いや多分ここタイでもそうなんだと思うのですが現実には・・・。

とある交差点で歩行者信号の青が点滅(してた筈)しだしてまあ急げば渡れるかってタイミング。でも結構幅があって・・多分それは旅行者のおごりって奴でしょう。悠然と歩いて「ひけるもんならひいてみろ!」って構えです。

ああでも現実は厳しかった。もうあと数メーターってところで信号は赤に。情け容赦がないとはこのこと。信号が変わったとたんに歩行者など無視してそこはサーキット場と化したかのように一斉に全ての乗り物がスタート。まるで映画で見るようにまさに走る車の間をこちらも走りながらすり抜けるそんな神業とも思えることを現実にやらなきゃならない羽目に。生きた心地がしませんでした。国それぞれにルールがあるのだと思い知らされる。タイの初日の夜はそうやって更けていくのでした。

まだまだ続くのです・・

| Copyright 2003,07,11, Friday 07:58pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://www.pro-picasso.com/diamonds/blog/tb.php/8

トラックバック

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)