LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2005/04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

NEWEST /   

春爛漫

ついに新緑の季節がやってきた。

以前にも、いやしかしこんな時期に紅葉の話も何だが・・・この時期にその新芽を観察していると実に色とりどりなのである。

本来植物は様々な色をしているのが光合成をするために葉緑素でお化粧して緑色になるのだととある番組知ったのが昨年の秋。

だから秋になるとその色が抜け落ちて紅葉するのだよと解説者は言っていたのだが、まさにその逆の現象がこの時期におきているのである。

近所のそして東京では街路樹とかで普通に見られる欅。

その木々もつい先日までは若草色ではなくうす茶色のような、或いは薄い褐色とでも表現すれば良いのだろうかそんな色の若葉が吹いていた。
それはちょうど桜が咲こうかとしている時期だったように記憶している。

そしてその時を境に冬枯れしていた木々が一斉に芽吹いていったように思う。まぁその少し前にしだれ柳達が美しい若葉を風になびかせてはいたのだが。
こうして私の一番好きな時期が始まっていった。

それにしても何故こんなにこの季節が好きなのか・・・。

それは多分寒さから解放されて身体が楽になることもあるのだろう。でもしかしこの時期の里山は壮観である。

これから夏に向けて濃い緑色になろうかとするその一瞬に花のように山を彩るのである。

それは白かったり赤かったり褐色であったりと様々であるが、今生まれようとするその勢いと、そしてまだ何も知らない「うぶ」さとが同居していてなんとも美しい。そんな彼らが一斉に合唱しているのだから本当にすごい。

いや別に里山になんか興味が無くてもただ街の街路樹を見上げるだけでも十分にその美しさは堪能出来るのがこの時期の美しさ。

まさに春爛漫なのである。

| Copyright 2005,04,19, Tuesday 08:33pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

春来る

ここのところの陽気で桜が満開に。

都内と比べて幾分(多分2−3度)気温が低めな多摩地区。
そこにもついに桜満開の時がやってきた。

今年は開花予想からだいぶ遅れての桜となった。

4月に入ってからも肌寒い日があったりとなかなか春らしい日がやってこなかったが、それもこの数日の陽気(というより暑さ)で一気に満開となった。

子供の頃桜の花は色が薄くてなんだかなぁと思っていたが、歳を重ねることでそれが少しずつ変わっていったようだ。

思うに徐々に桜も好きになっていったのだが、それと同時にその時期の季節感とかそう言うものが良いなと思うようになったのかもしれない。

その桜が咲く頃近くの里山では木々が一斉に新芽を吹く。

それはまさに山全体が胎動を始めたような、暖かさで表面がかゆくなってぶるぶるふるえているようなそんな感じがする。一年のなかでもっとも好きな一週間の始まりとなった。

ウキウキではなくウッキウッキなのである。

春眠暁を覚えず。しかしあまり夜更かしをしない私は遮光カーテンの端から漏れる光なんかで以外と早く目が覚めたりする。

今朝もそんな事情か音楽をやっている人間のわりには普通の勤め人のような時間帯に起き出してこんな日記を書いたりしている。まぁそれが普通さといわれればそれまでであるが。

さてそのリビングから見える木々も芽吹いたばかりの新緑がきらきらしている。そのひとつひとつは小さくて頼りなさそうに見えるがその色づいたばかりの緑のなんと美しいことか。それは赤ん坊の素肌のきめ細かさに感じるような、とても大事でかけがえがなくてそれでいていつまでも眺めていたいような。

やはり春は私にとってもあなたにとっても一つのものがたりの始まりなのかもしれない。

| Copyright 2005,04,08, Friday 08:32pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

ちょっとワクワク

今日は4月1日。

何の日なんて聞かなくても皆さんよくご存じ。

新年度の初日?いやいや違うでしょう。

そうApril fool。

辞書によるとApril foolは万愚節にかつがれた人とある。
正確にはApril fool's Dayとなるようである。

さてさてその由来を検索していたら以下のような話を見つけた。

1582年チャールズ9世下のフランスにおいて、グレゴリアン暦が用いられるようになり新年が4月1日から1月1日に移動した。しかし、民衆の中にはそれを知らない者や、新暦に反抗する人がいて、新暦以降後も4月1日に新年を祝う人がいた。その人たちをからかって、偽のパーティーに招待したり、魚を描いた紙(?)を背中に張ったりという"poisson d'avril"などいたずらをしたことがApril Foolの始まりだという。

現在では可愛いいたずらぐらいはは大目に見てやろうとそんな日になっているようだが(仮に上の説が本当ならば)色々あったのだなと思ってしまう。

さて今日は朝から昨日に引き続き良い天気。
どんないたずらをしてやろうかと今からワクワクなのである。

| Copyright 2005,04,01, Friday 08:30pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP /   

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)