LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2018/01 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST / < NEXT   BACK >

第52回グラミー賞

音楽に携わっている人は勿論そうでない人々にもこの賞の名前は
聞いたことがあるだろう。



その2010年版とも言うべき賞が先日発表された。

その内容も自分にとっては意外な部分もあったが、そのノミニーズの顔ぶれに
ここのところの変化を大きく感じた。

おおざっぱに言って所謂「チェケラッチョ」ものがまったく姿を消したのである。
それまでは「ヨ~ヨ~」と言いながらだぶだぶズボンで雄たけびになっていた方々が
見事に葬り去られてしまったのである。

いったいこれはどうして?

一言で言えばアメリカを襲った未曾有の不景気がそうさせて
しまったような・・・まぁあくまで個人的見解と断りつつ、非常に
保守的な傾向になっているように感じてしまったのである。

自信を失ったアメリカ人は今必死なのではないだろうか。
何しろ世界一を言って憚らない人々、しかも世界の警察官なんて
ことも平気で言ってのける国が今や覇権国家の地位を徐々に失
いつつあるわけだから少々焦ったとしていたしかたないと思うわけ
です。

自分たちの築いてきた素晴らしいものにすがりつきたいはずです。
できれば肌の白い人たち中心でと。

なかで一人気を吐いていたのはビヨンセ様でしたねぇ~。
いや本当に「様」をつけたくなるくらいの迫力で会場を圧倒していた
のが非常に印象的でした。

で結果は?

当然「様」かと思いきやさにあらず。
オリンピックの芸術点と同じくらい謎の世界。
私などに分かるはずもないのです。

年間最優秀アルバム賞はテイラー・スウィフトの『フィアレス』に!
生放送観ながらこれってほんと?と驚きを隠せませんでした。

まぁテイラー・スウィフト姫に恨みがあるわけでもなく、むしろよく存じ
上げないのでそこまで言うのは酷かもしれません。でもあのライブ
パフォーマンスは非常に違和感を感じました。まるでモデルのような
若干20歳の金髪女性が不必要とも思えるバンドメンバー(あてぶり?)
に囲まれて歌っている姿はミュージシャンというよりアイドルそのもの。
ウィキによると色々ご苦労があったようですが・・・。きっと不景気な
音楽界に喝をいれるスターを作りたいと皆さん思われたのでしょう。

まぁそんなことはさておきグラミーの楽しみは普段見れないような形での
ライブパフォーマンスが観れること。そういった点では今年もなかなか楽
しめました。まぁポップミュージック発祥の地ともいえるアメリカ。不景気を
横目に音楽界はまだまだ元気いっぱいなようです。

それにしてもいくら自信を失ったとはいえ
ビッグスリーの復活をとばかりにトヨタ叩きはいけませんなぁ~。
アメリカ君!



| Copyright 2010,02,25, Thursday 03:18pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

東北レコーディング 一路秋田へ!

この時期わざわざ秋田に行く人はよほどの物好きかスキー客ぐらいのもの。

連休初日の9日早朝7時40分にはもうすでに東京駅。
それからほどなくして一路秋田の角館にむけて新幹線は出て行ったのでした。

角館にいったいスタジオなんかあるのか?と素朴な疑問。音楽関係でなくても
湧き上がってくるはず・・・いやむしろ音楽をやっている人ほどそう思うでしょう。
僕も思いました。

流石に雪の中車に楽器積んでいくのは自殺行為。そこで現地にある楽器を
基本的に使う方針でシンバル類とべダル、スネアーなど必要最低限を抱えて
多くのスキー客たちでほぼ満席の新幹線の異端児として乗り込みました。

盛岡までは新幹線その先は在来線というのが秋田新幹線の特徴。
車両はそのままに広軌、狭軌のレールそれぞれに対応する隠し技のにくい
「こまち」。でも室内が狭いのが難点です。

盛岡から秋田に方向転換すると雫石、田沢湖と途中下車したくなる駅名を
横目にやってきました角館。みちのくの小京都ともいわれ東北の観光名所
だそうで・・・でも雪で全て真っ白。思ってた程は寒くはないものの足元の
悪さはやはり雪とその融けたぬかるみによるもの。長靴ではペダルは踏
めないしでそこはジレンマです。えいとばかりに迎えに来た友人の若美人
妻の運転する車に乗り込み一路スタジオへ!

ジャジャーン!





ほんとスタジオじゃん。
これも自民党の箱物行政のなせる業か、それとも負の遺産か。
これから何かやろうとする我々にとっては輝く城のような存在。
ありがたや~と小声でつぶやきたくなる感じでした。

今回のプログラム初めてお会いしたのですがキャリアはほぼ似たような長さで
お名前は昔から存じておりました。いつも素敵でちょっと個性的な音楽を紡ぐ
かただなぁとある種憧れのような気持で遠くから眺めておりました。
「種ともこ」さんのレコーディングです。



でもなぜ秋田?
古くからの音楽仲間の一人「菅原弘明 」君の故郷で現在彼はそこに住居を移
して音楽活動をしているのです。今回アレンジャーとして種さんのアルバム制
作に関わっている彼からの提案で秋田の公共施設にあるスタジオで録音をい
うことになったのです。楽器のこともさることながら機材面の心配もかなりあっ
たのですがそれもいってみれば雲散霧消。必要にして充分な機材があり昼
過ぎに始まった録音も6時ごろには予定の三曲を録り終え無事終了。
都内のレコーディングスタジオとは比べられませんが、たまにはこんな録音も
良いものと思いました。完成が楽しみです。

さてその夜は菅原宅に泊まらせていただき翌朝帰りの新幹線までの空き時間
にふらりと散歩。


なんとも寒そうですねぇ。
東北の冬は晴れ間も少なく雪に閉ざされての生活。
たまに来てスキーだの録音だのいっている輩には分からぬ苦労もあることと
思いつつ帰宅したのでした。

| Copyright 2010,01,10, Sunday 03:41pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

2010年明けました!



おめでとう!というには遅すぎです。
でも2010年明けて初のブログはやはりめでたい!
ということで今年も宜しくお願いします。

年が明けて初めてやることにはなんでも「初」がつきます。
今日はそういうことで初チャリ。

今年の冬は暖冬傾向の続いていたこの数年にないくらいの冬らしい冬。
朝は氷点下ということもまれでなく起き抜けにいきなり外に出ると
ピリッと突き刺さるような寒気が懐かしい感じです。

でも昼は天気もよく外に出てもそれほどではないなぁと思っていました。
というわけでチャリでも乗ってみるかと・・・多摩川の空気は冷たかった
というわけで寒さのお裾分け的写真です。

ん~写真じゃよく分からんか?
でも鼻水がちょちょぎれるくらいだったのですよ~。

| Copyright 2010,01,08, Friday 05:16pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

引き込まれました

There Will Be Bloodという映画ご存知の方はいらっしゃるだろうか?

僕は知りませんでした。

最近遅ればせながら所謂「地デジ」液晶テレビを購入。
ついでにWOWOWにも入りうまくタイミングがあえば色々なコンテンツを楽しんでます。

技術の進歩というのはやはり有難いものとその映像をみると思わずにはいられません。
エコポイントなどなくても十分すぎる安さでこういう機器が購入できるのは昔からすると
驚異以外のなにものでもないと感じてしまいます。

さてそういったことはさておき。
その映画はポール・トーマス・アンダーソンという監督によって描かれてます。

この監督作品でかつて『ブギーナイツ』そして『マグノリア』なんかを観て強い印象を持って
いたのでこの作品もかなり期待して観ました。

で、その印象をひとことで言えば強烈。
その描き方もですが、やはり主演のダニエル・デイ=ルイスの存在感がすべてを圧倒して
いたという印象でした。この作品で第80回アカデミー賞主演男優賞を受賞したそうで勿論
納得もしつつも色々あるだろう映画界も見捨てたもんでないなぁとちょっと嬉しいような安心
するようなそんな気持になりました。

2時間40分ほどとかなり長い映画、しかもお世辞にも娯楽作品とは言いがたい重さ。
楽しい作品でないことは確か。
でも今夜のお勧めの一品という地位を与えたくなってしまう作品でした。



ブラボー!




| Copyright 2009,10,27, Tuesday 07:16pm MichioKawano | comments (1) | trackback (0) |

 

台風一過



明け方までは台風ほんとに来るの?って感じだったけど
やはり来ました!

以前日南の実家で体験した風とはまったく別物としても
裏山の木々は立派にゆれてました。

で、その結果こんなことに・・・
いつもお掃除されている管理の方(肩)にその仕事は重くのしかかってくるのです。

| Copyright 2009,10,08, Thursday 01:22pm MichioKawano | comments (0) | trackback (0) |

 

相変わらず強烈ですねぇ



ジャックブラック率いる「テネイシャスD」なる二人組みのバンド(ユニット)が繰り広げる
非常に馬鹿馬鹿しくも面白すぎる映画が「テネイシャスD」。

まぁ内容は観てのお楽しみとして、相変わらずジャックブラックのはじけ具合が素晴ら
しくみていて惚れ惚れ(つうか呆れて)してしまうわけです。またその相方カイル・ガス
がメタボの禿げの中年だから見た目も最低のバンド。

でもその繰り出す音楽は実に素晴らしいというかロックの王道いってますなぁと関心
しきりなのです。

スクール・オブ・ロックを観たときもジャックブラックってむしろミュージシャンと思って
いたら本当にそうだったんですねぇ。いや今まで何もしらないことがお恥ずかしい。

その「テネイシャスD」なるバンドは1994年結成。CDデビューは勿論のことその流れ
でテレビシリーズもあったそうです。ライブもあの強烈さでガンガンいくわけですから
毎回ソールドアウトというのも頷ける。

まぁでも世間では俳優として認識されている彼。その彼が映画の世界に入ったきっ
かけがティム・ロビンスの主宰する劇団だったそうで、そのティム・ロビンスも最高の
役どころで出てくるところがまた良いです。

最近鬱憤たまっているという方是非ご覧あれ!

| Copyright 2009,06,22, Monday 03:16pm kawanomichio | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

CATEGORIES

RECENT COMMENTS


OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)