ワタシマケマシタワ。
 

   


   今シーズン、もう既に代表の試合とかは始まったりしていますが、
   やはり待ち遠しいのは国内のリーグ戦。


   


   地元での開幕戦の始球式、今年はこの方が蹴るらしい。
   僕の贔屓のクラブは今年もネタやギャグでは優勝候補である。



   



Posted by 東 純二  00:39 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
今日その試合を観ていた子供たちの未来。
 

  まだリーグ戦、天皇杯とシーズンは続いているものの、


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. セパハン ( イラン )
      AFCチャンピオンズリーグ2007 ノックアウトステージ 準々決勝 第2戦
                                等々力陸上競技場  070926


  今年も色々、ほんとにいろんな事があった。


  

 ■ 横浜FC vs. 川崎フロンターレ      国立霞ヶ丘競技場  071007



  日本サッカー界も目に映る表面的なシーンや出来事以上に、


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. 横浜F・マリノス  ナビスコカップ 準決勝 第2戦 
                            等々力陸上競技場  071013


  内面的な心情的な部分がとても成長させられた1年だったような気がする。


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. アルビレックス新潟       等々力陸上競技場  071020



  ヨーロッパや南米から見ればやっぱりまだまだ新参者でお客さんなニッポン、


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. ガンバ大阪  ナビスコカップ 決勝  国立霞ヶ丘競技場  071103



  そして僕が日頃応援しているクラブは歴史も実績もまだ何も身につけてはいない。


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. セレッソ大阪   天皇杯 4回戦  等々力陸上競技場  071107



  でもねそれでいいんです。「 マダマダ、」って言ってるのが好きなんです、きっとずっと。


  

 ■ 川崎フロンターレ vs. 浦和レッドダイヤモンズ      等々力陸上競技場  071110




Posted by 東 純二  02:27 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
転がるボール走り書き。
 
 
 コパ・アメリカ ( 南米選手権 )、U-20ワールドカップ、
 アジアンカップ等で激しくフツウに連日寝不足生活。
 おー近頃のサッカー、どの国も緩急つけながら効率良くほんと走る走る。
 蒸し暑いだとか標高が高いだとか言ってちゃ怒られちゃうらしい。
 でもまぁ大きい大会はどの試合もやっぱり面白くって、
 滅多見られないスペシャルモチベーションが各地でゴリゴリ噴出しまくっております。



 


 雨の中を もうどうでもいいや状態で走り回るのは気持ち良かったりするけど、
 雨の中でジッとしているのはやはりツライ。

 ■ 川崎フロンターレ vs. 大宮アルディージャ        等々力陸上競技場  070527



 


 前の席のお兄さん達、代表戦ならではの3ショット仲良し兄弟。

 ■ 日本代表 vs. モンテネグロ代表   キリンカップ 2007
                        静岡・エコパスタジアム  070601



 


 ゲーム前のウォーミングアップ中なんですけど、すでに全開亜熱帯ワールド。

 ■ 川崎フロンターレ vs. ジュビロ磐田        等々力陸上競技場  070623



 


 国立のメインスタンドで必ず見かけるこの人、誰ですか?

 ■ 川崎フロンターレ vs. ヴァンフォーレ甲府  ナビスコカップ準々決勝 第2戦 
                          国立霞ヶ丘競技場  070715


Posted by 東 純二  00:49 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
アジア人の味。
 なんとか予選リーグを1位抜けできたということは、
 今後さらにアジアの旅が続いてゆくわけです。
 まだ詳細は発表されておりませんが、次は中東イスラム文化圏の国々と、
 なのかなぁ、きっと。
 すでに無国籍屋台みたいな、このスタジアム。


 

 ■ 川崎フロンターレ vs. 全南ドラゴンズ  
    AFCチャンピオンズリーグ2007 グループF 第4節  等々力陸上競技場  070425


 

 ■ 川崎フロンターレ vs. アレマ・マラン  
    AFCチャンピオンズリーグ2007 グループF 第5節  等々力陸上競技場  070509


Posted by 東 純二  02:03 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
息詰まる攻防、それがね観たくて。
 僕の最も好きな試合の流れ というか得失点の経過は という話なんですが、
 まずどちらかのチームが前半25分位に得点。
 拮抗していた試合がやっと動き出します。
 で、もう一方のチームも前半終了間際もしくはロスタイムに頑張って得点。
 1対1 の同点になったところで各々ハーフタイム。
 さぁ後半が始まり10分程経った辺りで、お、どちらかが追加点。
 これで 2対1 ( 1対2 ) 。
 そうここからね、闘志あふれる濃密な戦いを繰り広げてくれれば嬉しい。
 選手交代やシステム変更などで両チームのベンチもチョッピリ慌しくなります。
 このままもう1点追加し突き放したところでキッチリとゲームを終わらせたい Aチーム。
 なんとか同点に、そして必ず逆転できると信じてアグレッシブに攻めまくる Bチーム。
 で、まぁこの後はこのままスコアは動く事なく 2対1 で終了したとしても、
 2対2 になり両者イタミワケの引き分けになったとしても、
 勝ってた方がトドメを刺して 3対1 になっても良いし、
 打ち合いの末、シーソーゲームの 2対3 とかになったとしてもモチロン良いんです自分。
 サッカーはどんなにしても1点ずつしか点を奪う事の出来ない切ない?競技。
 要はその1点の重みがガッツリ味わえる試合であったら充分満足しちゃうんです。

 そういえばエスパルスの監督さんは長谷川 ‘ ケンタ ’ さんだよっ、カーネル爺さま。


 


 ■ 川崎フロンターレ vs. 清水エスパルス        等々力陸上競技場  070415


Posted by 東 純二  01:48 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
サッカー3月の風景。

 


 さっ、寒い、がしかし、のっ、飲みたい。
 このタンブラー持参すると、環境に優しいんです。
 しかも50円引きなんです生ビール。

 ■ 川崎フロンターレ vs. 横浜FC        等々力陸上競技場  070317


 


 AFCチャンピオンズリーグ ( AFC Champions League )、略してACL。
 はい、ホームでの初戦のお相手は、
 タイランド・プレミアリーグの優勝チーム、バンコク・ユニバーシティFC 。
 ほー、1955年に創設かぁ、しっかり歴史ある大先輩クラブじゃないですか。
 ふふふ、今年は度々アジアンテイストな香り漂いますよ、我が行きつけスタジアム。

 ■ 川崎フロンターレ vs. バンコク・ユニバーシティ  
   AFCチャンピオンズリーグ2007 グループF 第2節  等々力陸上競技場  070321


Posted by 東 純二  02:08 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
キッチリ始まってくれた。
 


 選手入場のタイミング、観客席にブワーっと広げられるビッグユニフォーム。
 なるほど冬のオフシーズンの間に洗濯してこうして干しとくのかー、
 というのはしょうもないウソっすごめんなさい。
 スタジアム近くの市民ミュージアムでのクラブ創立10周年イベントで展示されておりました。
 今年はアジアのクラブNo.1を目指す大会にも挑戦。
 緊張感パンパンの1年が始まりました。


 ■ 川崎フロンターレ vs. 鹿島アントラーズ        等々力陸上競技場  070303

Posted by 東 純二  01:20 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)