とりあえず12個食べてみた。

 


 なんかいただいちゃいました、サトウニシキ 1kg 。
 見てるだけでオナカこわしそうな量です。
 どうしたものか。

 p.s. ああ、ワールドカップならではの壮絶なドラマが続く。
    やはり “ 敗者の美学 ” に ココロ 打たれるのですっ自分。


Posted by 東 純二  03:29 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
シタジキに愛をこめて。

 


 あのですね、僕がちょうど中学生くらいだった頃、
 中に紙などが挟めるような透明の下敷きが流行ってたんですよ。
 まぁそれに何を挟むのかでカワイイ自己主張のような事をしていたワケですねこれが。
 で今日、ある本をパラパラとめくっていたら、
 そういえばちょうどこんな感じのものをオレは透明の下敷きに入れてたなぁ、
 という写真を発見しちゃったので嬉しくなってお見せするのです。
 今もお元気な ニール・ヤング 、キョーレツな個性のカナダ生まれの方であります。

 p.s. んー残念でした、チェコ。
     アルゼンチン vs. メキシコ、ポルトガル vs. オランダ、などなど、
     わ、この辺りからマジな死闘が始まっちゃいますよ、奥さん!


Posted by 東 純二  02:24 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
甘くて苦くて嬉しくて。

 んー、抹茶方面がブレイクしているんでしょうか?今。
 それら諸々新製品のコーナーが出来ておりました、とあるコンビニで。
 あ、そういえば現在たまたま抹茶色のセーター着ちゃってるし。
 台所の洗剤なんかも緑茶成分入りとかだし。
 そんな抹茶緑茶マニア (?) だから、それはそれでチョット嬉しい気分な自分。
 で、なかでもかなりな本気高抹茶テイストなのはこれでした、ショコラ・ジャポン@不二家。
 何故か blog もあったりする。

 


Posted by 東 純二  00:51 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
ベネチアの味がする。

 朝、なにしろ起きぬけに水をガブガブ飲むのが良いらしい。
 僕はここ何年も習慣的にそうしております。
 そう、サラサラ血液でサラサラ生きたいですもんね、っと。
 本日の水は由緒正しいイタリアの天然水 SANBENDETTO ガスなしタイプ。

 


Posted by 東 純二  02:48 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
甘い夜は終らないよ。

 


 調子にのって甘いものシリーズを続けてしまいますが、
 「 かりんとう 」 もタマに無性に食べたくなりません?
 えっと、黒糖のゴツイやつの気迫に負けそうな時などは、
 この位の感じのものが良かったりします。
 漢字で書くと 「 花林糖 」。
 意外とキュートです。


Posted by 東 純二  03:51 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
太れチョコで男なら。
 
 


 甘いものの話が続いていて恐縮ですが、
 実はコレも好き、チョコレートマカダミア。
 オフィシャルサイトだってちゃんとあるんだから、Country Ma'am
 「 秘密のレシピ 」 が可愛くって笑える。


Posted by 東 純二  00:42 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
松本清張はもういいらしい。

 実家の母が読書にハマッている。
 ご近所に立派な図書館があったりするもんで、
 なにかとしょっちゅう命じられ本を借りに行く。
 この間までは推理モノがお気に入りの様子でしたが、
 今度はホラー小説が読みたいわとか言われております。
 このコーナーにそれはないよ。

 


Posted by 東 純二  01:03 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)