勝ったり負けたりしていくわけです。

 先週の日記でも触れましたが、
 今日行われた最終節のゲームの結果次第によって、
 5チームが優勝の可能性があった、という 2005 の J1 。
 どの会場に、どこの現場に、
 優勝杯やら優勝旗、プレゼンターを配置、手配したら良いものか、
 これは悩んだでしょうね、協会の方々も。
 何が起こっても不思議はナイのがサッカーの試合の行方。
 で結局、女神さまは ココ、等々力の空で ガンバ に ニッコリ微笑んだのでした。

 ふと見ると、そうだ、このスタジアム、モトモト神様がいたのである。
 でわでわ来年もゼッタイ良い年でありますように、とスバヤク手を合わせ、
 今年の等々力陸上競技場参りは、本日をもって終了、と致しました。


 


 ■ 川崎フロンターレ vs. ガンバ大阪   等々力陸上競技場  051203


Posted by 東 純二  23:49 | 手帖の中身::Foot ball days | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/223
トラックバック