シタジキに愛をこめて。

 


 あのですね、僕がちょうど中学生くらいだった頃、
 中に紙などが挟めるような透明の下敷きが流行ってたんですよ。
 まぁそれに何を挟むのかでカワイイ自己主張のような事をしていたワケですねこれが。
 で今日、ある本をパラパラとめくっていたら、
 そういえばちょうどこんな感じのものをオレは透明の下敷きに入れてたなぁ、
 という写真を発見しちゃったので嬉しくなってお見せするのです。
 今もお元気な ニール・ヤング 、キョーレツな個性のカナダ生まれの方であります。

 p.s. んー残念でした、チェコ。
     アルゼンチン vs. メキシコ、ポルトガル vs. オランダ、などなど、
     わ、この辺りからマジな死闘が始まっちゃいますよ、奥さん!


Posted by 東 純二  02:24 | mobile camera shots | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/264
トラックバック