音を奏でる、ゲームのように 2 。
 全身を触角にしてしまいたくて、
 奏でた音に敏感に反応したくて、
 ただひたすら魂を開放したくて、
 おーし楽器を弾こっと。

 音を奏でる、それは自分にとってゲームみたいなもの、
 なんてそんなこと言ってたら、
 お、本日の録音はゲームのサウンドトラックだったのね。


 



Posted by 東 純二  00:52 | 手帖の中身 | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/295
トラックバック