どうせちょっと時間空くし。
 
 


 最近よく使う手なんですが、
 事前にリハーサルする時間が充分にとれなかったりした時、
 当日その日、本番直前リハを強行。
 例えば本日の場合、入りの時間が15時、サウンドチェック終了が17時、
 本番が20時30分、てことは、
 18時〜20時でライブハウス近くのスタジオを押さえちゃう。
 最終チェックや確認事項や気合い入れがキッチリ出来ちゃって効率が良いわけです。
 メンバーも欠けてる事なく、全員まちがいなくいるし。
 これ、1番重要。
 てなわけで吉祥寺のリハスタにて、アキラ君の鍵盤と譜面。


Posted by 東 純二  02:51 | 手帖の中身 | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/302
トラックバック