YURA YURA
 

  気まぐれ 見つめて そして離れてく

  アドバルーン 飛ばした 空を叩く

  いつもは 背中で すれ違ってきた

  YURA YURA 揺れる心

  漂う 風まかせさ


  ふるえる 指先 朝のテーブルに

  悲しみ かくした カーブを描く

  二人を結んだ 糸がほどけてく

  YURA YURA 揺れる想い

  サヨナラ 言えないまま



  途切れがちな教会の鐘が

  すみれ色に広がった街に

  君を連れて 消えた



  気まぐれ 見つめて そして離れてく

  アドバルーン 飛ばした 空を叩く

  涙が 弾ける 風に向かうのさ

  YURA YURA しながら 僕はひとり


  気まぐれ 見つめて そして離れてく




  music : azuma junji
  sing : picasso

  (C) 1990 UNIVERSAL MUSIC PUBLISHING.

Posted by 東 純二  23:59 | The Song Lyrics | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/323
トラックバック