レモン・ソング
 

  2人で歩くはずの 道が消えてなくなる
  見たことのない 街がつづく

  海を見るためだけに 乗ったモノレールさえ
  悲しみに引きずり込まれてく

  逢いたくて 泣き叫んでも あの日に届かない

  ナミダ が光る おかしいですか
  睫毛の上で うずくまる様に
  ナミダ に似てる レモンをかじる
  大事なものが 溢れ出すたび
  壊れてく キラキラ はじけて


  しがみついてる事で なくしていた自由が
  カモメ達の声に おびえてる

  気まぐれな若さとか 強がる言葉の裏で
  弱い心は何故 傷つくの?

  逢いたくて 泣き叫んだら あきらめられるかな

  ナミダ が光る おかしいですか
  出会った時が 早すぎたなら
  ナミダ でふえた 夜空の星も
  君との日々を 抱きしめたまま
  苦しくて キラキラ はじけた


  music : mori hideharu
  sing : yoshizawa umeno

  (C) 2003 AVEX LIVE CREATIVE Inc.


Posted by 東 純二  21:21 | The Song Lyrics | comments (x) | trackback (0)
この記事のトラックバックURL
http://www.pro-picasso.com/junji/blog/tb.php/36
トラックバック